上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

B・モーンド             =ボタニック・ガーデン= 第6巻 No.140

ベンジャミン・モーンド
植物図鑑《ボタニック・ガーデン》第6巻 No.140

こちらの図譜は、銅版画に一枚一枚ハンドカラード(手彩色)が施されたものです。
(複製画ではありません)
この清楚で美しい絵柄に似合う上品でありながら親しみやすい額とマットを当店オリジナルでセレクトし専門家が丁寧に額装したお品物です。

額サイズ(外寸) 32.8x26.8cm
表面:アクリル
イメージ・サイズ 16x12.3cm
[英文解説ページ]付き


《ザ・ボタニック・ガーデン》の特徴は植物図譜1枚に4種類の花が収められていることです。
植物図鑑としてはできるだけ多くの花を所載したいという要請からの工夫だったのでしょうが、
ボタニカルアートのファンの目からは1枚で4種類の異なった花を見比べることのできる
大変楽しく贅沢な図譜になっています。

左上:Bulbocodium vernum    英名Spring meadow saffron 春の草原のサフラン
右上:Cheiranthus tenuifolius 英名Fine-Leaved Wall-Flower ウオール フラワー
左下:Aponogeton distachyon   英名Two-Spiked Aponogeton レースソウ
右下:Pinguicula grandiflora  英名Large-Flowered Butterwort ムシトリスミレ属


イギリスの植物学者ベンジャミン・モーンドは1825年から26年間という長い年月をかけて、
《ボタニック・ガーデン(The Botanic Garden)》という植物図鑑を刊行しました。
ちなみに、1825年というとフランスでルドゥーテの《バラ図譜》初版の刊行(1817〜1824年)
が終了した翌年にあたります。

原画はおもに当時の優秀な女性植物画家たちによって描かれました。
女性画家ならではの繊細で優しい表現が随所に見られるとともに、小さい絵柄4枚による構成も大変かわいらしく素敵です。

[英文解説ページ]
《ボタニック・ガーデン》はもともと王立植物園で栽培されていたイギリスで越冬できる花を掲載した植物図譜ですので、各花につき1〜2頁の解説文(英文)がついています。こちらも額絵といっしょにお送りいたします。

型番 M-01
販売価格 32,000円(税込34,560円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top