上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

《ラ・マルセイエーズ》を演じるマドレーヌ・ロッシュ

《ラ・マルセイエーズ》を演じるマドレーヌ・ロッシュ
サイズ: 16.2 x 10.5 cm (カルト・キャビネ)


アンリ・マニュエル(1874-1947)
フランスの写真家。
1900年に弟のガストンとともにパリに写真館を開きましたが、すぐに著名人などの肖像写真や建築の写真で評判をとるようになります。その後報道写真の配給をはじめパリで最大のフォト・スタジオとなり、さらに商業写真、ファッション写真と事業を拡大しました。
彼はまた1914年から44年までフランス政府の公式写真家に任命されさまざまなジャンルの写真を撮影しています。

マドレーヌ・ロッシュ(1863-1930)
コメディー・フランセーズの女優ロッシュが凱旋門にあるフランソワ・リュードの彫刻《ラ・マルセイエーズ》を彷彿とさせる様子でポーズをとっています。

凱旋門の彫刻凱旋門の彫刻
販売価格 18,000円(税込19,440円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top