上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

ドゥミ・モンドの花形リアーヌ・ド・プジーのポートレート

ドゥミ・モンドの花形リアーヌ・ド・プジーのポートレート
サイズ:22.4 x 14.4 cm
状態:鶏卵紙写真(アルビュメンプリント)で大変薄い紙で台紙には貼ってあり
ませんので全体に波打ち等があります。左上に裏面でインク消しをつかったようなシミ跡があります。
画面右下に2x3cmほどの四角いシミ跡があります。


リアーヌ・ド・プジー(1869 - 1950)
フォリー・ベルジェールの踊り手でラ・ベル・オテロのライバル。
パリで最も有名で成功したクルティザンヌ(高級娼婦)のひとり。
このクルティザンヌという言葉は日本語では高級娼婦としか訳せないようですが、彼女は1920年にはグルジアのプリンスジョルジュ・ギカと結婚して、プリンセス・ギカとなっています。
マルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」の登場人物オデットのモデルの一人とも言われています。
ドゥミ・モンド(裏社交界)と呼ばれるヨーロッパの独特な世界に生きた花形女性たちのステータスはなかなか理解しがたいですね。
販売価格 20,000円(税込21,600円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top