上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

秋のフラワーフェアリー〈ゴボウの妖精 Burdock Fairy〉

今から70年ほど前に印刷された、シシリー・メアリー・バーカーのフラワー・フェアリーの絵本の挿画(カラー印刷)です。子ども部屋や廊下、アルモワールの上などに。お気に入りのアンティーク小物などとコーディネイトして飾ってもすてきです。


秋のフラワーフェアリー〈ゴボウの妖精 Burdock Fairy〉
1940年代 カラー印刷
イメージサイズ:11 x 7 cm
マット装・額付き時(27.5 x 22 cm)
原産国:イギリス


シシリー・メアリー・バーカー (1895-1973年)
イギリスの挿絵画家で児童文学者。ロンドン生まれ。
幼い頃から身体が弱く、一生独身で過ごす。
熱心なクリスチャンで草花や子どもをこよなく愛し、
挿絵のフェアリーは、姉が経営する幼稚園の子どもたちがモデルといわれています。
シシリーのフラワーフェアリーは、植物の正確な描写と生き生きとした子どもたちの姿をとらえた画期的なものでした。ラファエル前派の影響を受けたその絵画は、何よりも自然を大切に描かれています。


*クリーム色のマットがつきますが、マットの色を変えても楽しめます。
定価 6,000円(税込6,480円)
販売価格 4,000円(税込4,320円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top