上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

ルドゥーテ「ロサ・ビフェラ・オフィキナリス」

❤マリーさんより、おすすめコメント:

背筋を伸ばしたように上を向いて咲く花の姿は、ひときわ凛とした雰囲気を漂わせています。
左下にはすらりとしたローズヒップ(バラの実)の様子も描かれています。

主要な古代種のダマスク系のバラで、美しい香りをもつことから、古くから良質なローズオイルの材料としても珍重されてきました。“オフィキナーリス”は薬局を意味するラテン語ですが、ダマスク系のバラは頭痛薬や鎮痛剤としても利用されたようです。


ダマスクローズの美容オイルやクリームの香りがお好きな方は、その魅惑の匂いの記憶が
今にも鮮やかに鼻先に蘇るほどでしょうか
きっとこの作品を目にするだけで、古代種ならではの美しい香りとローズヒップの濃厚な風味を
感じられるしあわせが広がることでしょう。

可愛らしい蕾と実も伸びやかに生き生きと描かれているので、なにか新しい気持ちになった時のご自分への
ご褒美や新しい生活を始める方への贈り物にもとても良い存在になる絵柄だと思います。



画家:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
   Pierre-Joseph Redouté
作品名:『バラ図譜』より「ロサ・ビフェラ・オフィキナリス」(フォリオ判、原寸大)
額装:ゴールドフレーム/木製ライナー&真鍮プレート付マット
サイズ(額寸):51.5 x 41.5 cm
重量:1.8 kg

*お使いのPCによって色味は実際と異なってくることがございます。
型番 RF-O
販売価格 32,000円(税込34,560円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top