上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

ルドゥーテ「ロサ・ダマスケナ」

❤マリーさんより、おすすめコメント:

ぎっしりと咲き乱れる花の姿は、濃厚なダマスクローズの香りを感じさせるかのよう。
淡いピンク色から、咲き終わりには白っぽく花色が変化していく様子もよく表現されています。

主要な古代種のひとつであるロサ・ダマスケナの仲間からは、現在も代表的なバラの香りとして知られる“ダマスク・ローズ”の香料が抽出されています。バラの香料は、ダマスクローズローズ3kgから、やっと1gの精油がとれるだけで、かつても今も大変貴重なものです。万人に好まれるその優雅な香りは、最も愛されている香りといってもいいでしょう。

バラの香りにはアンチエイジング効果もあるので、よく化粧品などにも使われていますね。
バラの花に触れる、バラの花の絵を見るといったことからも、バラの優雅なエネルギーをもらえそうです。

バラ好きな方にはもちろん、どなたからも感嘆の声を聞くことのできる特別な一枚と言える作品で
贈り物にも大変良いセレクトになると思います。




画家:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
   Pierre-Joseph Redouté
作品名:『バラ図譜』より「ロサ・ダマスケナ」(フォリオ判、原寸大)
額装:ゴールドフレーム/木製ライナー&真鍮プレート付マット
サイズ(額寸):51.5 x 41.5 cm
重量:1.8 kg

*お使いのPCによって色味は実際と異なってくることがございます。
販売価格 32,000円(税込34,560円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top