上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

ルドゥーテ『美花選』より「ローズ・ブーケ」(小)

❤マリーさんより、おすすめコメント:

左には当時には珍しいイエローの「オドラタ・スルフレア」、右は「ロサ・オドラタ」、2種類の大輪のバラを組み合わせた、香りたつようなバラのブーケです。下方の葉の上に描き込まれた露にも注目。優しいイエローとピンクのコントラストに蝶々のブルーがアクセントとなって、柔らかなカラーリングのなかに動きも感じられる、楽しい雰囲気の作品です。

『美花選』の長いタイトルの中には、ルドゥーテ自身が植物画の指導も仰せつかっていた、オルレアン公女ルイーズとマリーへの献辞もあります。『美花選』の中に幾つものブーケを描いたのは、ルドゥーテからの“捧げる”気持ちの表現だったのかもしれません。

いにしえからの美をそのままにお部屋に飾れるルドゥーテの「バラのブーケ」、贈り物にも最適です。
サイズも小振りですので、飾る場所も選びません。お家の中の、様々なスペースにしっくりと馴染むことでしょう。

画家:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
   Pierre-Joseph Redouté
作品名:『美花選』より「ローズ・ブーケ」(小)
額装:ゴールドフレーム/デコラティヴマット(ゴールド・ラインまたはマーブル紙)真鍮プレート付
サイズ(額寸):34.4x28.3 cm
販売価格 13,400円(税込14,472円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top