上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

ルドゥーテ『バラ図譜』より「ロサ・ケンティフォリア・ブラータ」

❤マリーさんより、おすすめコメント:

「ロサ・ケンティフォリア」は、100枚の花弁を持つバラという意味で、別名キャベッジ・ローズとも呼ばれる、オールドローズの基本種のひとつです。そのなかでも葉にふくらみが生じる変種が「ブラータ」です。

愛らしいピンク色、大輪のカップ咲きの姿の花に、くびれたウエストから広がるような葉のコントラストが、まるでドレスをまとった貴婦人のようなイメージ。オールドローズをよく知るバラの愛好家の皆様にも特に人気の高い作品です。

画家:ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ
   Pierre-Joseph Redouté
作品名:『バラ図譜』より「ロサ・ケンティフォリア・ブラータ」(小)
額装:ゴールドフレーム/デコラティヴマット(ゴールド・ラインまたはマーブル紙)真鍮プレート付
サイズ(額寸):34.4x28.3 cm
販売価格 13,400円(税込14,472円)
購入数


About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top