上質なライフスタイルを彩る美しいバラのボタニカル・アートのお店です

 

<<サイト・オープン記念プレゼントフェア*ご好評をありがとうございました☆彡>>




2015年8月14日とっても暑いこの夏、ボタニカルアートの額装絵ショップ<<ルドゥーテのバラの庭>>がOpen致しました。

『バラ図譜』をはじめ花や野草、果物の美しいボタニカルアートをゆっくりと楽しくお買い物していただけるよう 当スタッフが専門の海外アートや園芸コラム、ヨーロッパの庭園情報などもたくさんお届けしたいと はりきっております。

また、美術展覧会企画会社の確かな専門知識やプロのフラワースタイリストが お部屋のインテリアやご用途にあった絵柄のご相談をメールでお受けするサービスも用意致しました。
お客さまのご相談を楽しみにお待ちしております。どうぞ気軽にご依頼くださいませ。

そして
!!サイトオープンの記念としまして、只今ルドゥーテの絵をお買い上げの皆さまに素敵なプレゼント2つ(写真)をご用意いたしました!!この機会にぜひお部屋に、オフィスに、お店に、こころが華やぐボタニカルアートをおすすめします。 





●プレゼントその1<ルドゥーテとバラのノート>は、ルドゥーテの生涯、ジョゼフィーヌのこと、バラ図譜の見方、スティップルエングレービングなどの技法、バラの図像学などが簡潔に整理されたオシャレなルドゥーテ ファンの方々にはもちろん、どなたにも楽しめるブックレット。本屋さんでは入手できないスグレモノです。

●プレゼントその2とても使いやすいサイズのルドゥーテ ミニクリアファイル
バッグの中に
チケットやお手紙などを入れて持ち運びのにも便利、デザインも素敵で可愛いお品です。           (*図柄の種類はこちらでお選び致します。) 

     
 *プレゼントはご好評をいただき、2015年11月12日までのご注文分で終了とさせていただきました。次回の企画を考え中です。お楽しみにお待ちくださいませ)

About the owner

クマさん

「ルドゥーテのバラの庭」を運営するウーゴズのクマ社長は、長年美術館や博物館向けの展覧会企画に携わってきました。最近は生来のネイチャー志向が目覚めたのかウーゴズのオフィスを植物でいっぱいにして、室内でいかに植物をうまく育てるかに挑戦し、「植物男子ベランダ―」ならぬ出窓でパッションフルーツを育てる「デマダー」を名乗っています。そんな中でルドゥーテに出会い、今春は長崎県立歴史文化博物館での「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』展」に企画協力させていただきました。そして、アートと植物学が見事に融合したルドゥーテのバラの絵の素晴らしさを展覧会で鑑賞するだけでなく、もっと多くの方々に身近に感じていただければとの思いからこの「ルドゥーテのバラの庭」を立ち上げました。

Top